只今推し事迷走中

推しを推したいだけだけど、結局のところどうしたいのか自分でも不明で矛盾だらけ。

エンタメ業界を救うファンたち

022

どうも、ケチャップです。

 

なんだか気になる記事を見つけたので。

 

記事は、コロナで大打撃のエンタメ業界を様々な方向から支えるファンの話。

応援する人は違えど「推し」を救いたい気持ちは同じなので、

共感できる部分が多い内容だった。

 

私も記事にあるようにファンの一部ではあるんだけど、

私の応援している界隈では今一番貢ぎやすい「グッズ」の販売そのものが無い。

困ったもんだ。

 

記事の締めにこう書かれていた。

エンタメは「無くても死なない」ものに分類されがちですが、ファンにとっては「あるからこそ生きていける」ものです。

ほんとにこれ。まさにこれ。

エンタメは生活必需品ではないと考えられがちだけど、

これが心の支えである人は多い。私も然り。

心の支えを無くしたら、日常のモチベーションが下がるのはもちろんのこと

世間が暗くなる。暗いというよりも「無」になる。

今でさえ推し活の要と言ってもいいくらいの「イベント」が無くなり、

つまらない日々を送っている。

 

記事内の人たちのように貢ぎ場所が今は無い私は、

いつか再開されるであろうイベントのためにせっせと貯めている最中である。

イベントが無いとこんなにもお金があるのかって驚いてる。

チケットの返金もあったから、それも使わないようにしてる。

チケット返金も「臨時収入」と変換してしまうオタク脳だけど、今はじっと我慢。

 

推しもなんとかこの状況を耐え抜いてほしい。

この時期に金をたんまり貯めてスタンバイしているファンもいるからね。

 

事務所に何か贈ることも考えたけど、荷物にウイルスが付着したら・・・

と思うと今はできない。ウイルスは付着したらしばらく生きてるって言うし。

 

今、自分に出来ることは、まず第一に健康でいること。

そしてお金を貯めること。

 

よし、今日も頑張ろう。

 

白紙。

021

どうも、ケチャップです。

 

 

公演続けている舞台やイベントがあるようだけど

皆さんの推し活どうなっていますか?

 

私は白紙です。

いや、厳密に言えば延期したイベントがあったりするんだけど、

その延期日程でさえ危ういよね、昨今の状態見れば。

 

そんな中、とうとう日本の芸能界でもコロナが出てしまった。

芸能界と言えども、地球外生命体でもないので

我々と生活圏内は同じなわけで、いつ第一号が出てもおかしくなかった。

たまたま今ままで症状出た人がいなかっただけ。

たまたま今まで検査をして陽性だった人がいなかっただけ。

 

だが、突如として出てきた大物芸能人の陽性報道。

しかもなかなかのご高齢。

とても心配。

どうかお元気になりますように。

 

 

そして急に

推しがコロナにかかるかもしれない

ということが現実味を帯びていたというか、

近くに迫ってきた感があって非常に怖い。

知っている人(大物芸能人)がコロナにかかることが

どれだけ世間に影響を与えるかを思い知った。

 

健康が一番。

 

 

 

推しはきちんと対策しているのだろうか。

アルコール除菌シートを送ったけども、使っているだろうか。

気休めなことはわかっているが、無いよりはましだよね。

 

推しが健康でありますように。

もちろん自分自身も。

 

感染症にオタクの楽しみ奪われる

020

どうも、ケチャップです。

 

 

どんどん感染拡大している新型コロナウイルス(COVID-19)。

 

未だ終息の兆しはなく、毎週数億枚の生産が出来る体制になったというマスクも未だ品薄により価格は高騰。入荷したとしても開店と同時(並んでいる人で終わるので実質開店前)に売切れ。働いている人からしたら、開店前に並んでいる時間なんてなくて、どうしろと…状態。

 

そんな中、イベント系が軒並み中止になっている。

先日某アーティストのライブでコロナ感染者がいたと報道され、その次の日に政府より大型イベント等の自粛要請が発表された。そして現在もほとんどのイベントが自粛中だ。中止もしくは延期によって、エンタメ業界には大打撃である。そしてエンタメ業界に癒しを頂戴している我々オタクの心も大打撃である。

 

オタクってイベントが中止にならない限り「なんとかして行きたい」ていう気持ちが拭えないので、中止もしくは延期にしてくれた方がありがたかったりもする。

「イベントは行うけど自粛の方は返金対応します」だと間違いなく私は行くだろう。

その日にその場所に推しがいるなら行ってしまう。もちろん万全の対策はしてだけど。

 

2月末に推しの小さなイベントがあり、除菌シートを推しの目の前に献上(私が置いたことは知らない)し、常に推しがアルコール消毒できるようにした。

運営もアルコールスプレーを会場内に設置してくれてたけど、推しの前には無かったので。

そう思うなら行かなければいいだろと思うかもしれないけど、やはり推しがイベントをする以上行ってしまう。

 

 

 

とりあえず3月いっぱいのイベントは全て中止になり、つまらない日々を過ごしている。

終息の見通しが立たない今、何が気がかりかというと

推したちが感染してしまわないか

ということ。

 イベントは中止になっているが、彼らのお仕事は「撮影」が主体であり、そっちは今も尚続けられている。

撮影は、スタッフさんの人数も多いし、室内であることも多い。

加えて睡眠不足もあるかもしれない。

身体の疲れや十分に撮影進行出来ないストレスとかも合わさったら…ねぇ。

ということで、推しにアルコール除菌シートを贈ろうかと目論んでいる。

アルコール消毒が有効だということを信じて。

 

マスクやアルコール消毒(液体)はさすがに無いんだけど、アルコール除菌シートはなぜか地元のドラッグストアに普通に売ってて、毎日少しずつ集めた。

 

事務所は、感染症対策のマスクやアルコール消毒類は所属タレントに配布していないはず。マネも一人ずつ付くような事務所じゃないし、推し自身が自己防衛するしかない。

忙しくて買いに行く暇が無いはず・・・。

少しでも役に立て!わたしの送る除菌シート!!!!!!

 

 

 

 

推しに会いたいけど、それ以上に望むことは

推しには健康でいてほしい

 早くコロナ去れ~

結局はオタク

 019

どうも、ケチャップです。

 

お気づきだとは思いますが、オタク続けています。

オタクは結局どこまでもオタクなんだなと。

 

ただ、活動としては推しAと推しBへはブレーキをかけています。

(現在AとBに関しては茶の間を目指してます)

そしたらあれよあれよと、抑えていた別界隈の推しがニョキニョキ出てきました。

いやむしろ前から推してたけど、推さないように押し込めてたのですが。

 

その界隈では好きな「C、D、E※」もいるし、好きな「グループJ」もいてもうダメ。好きが多すぎて雁字搦めにあっています。

<※C:シャイで可愛い、D:笑顔が素敵、E:頼れる存在>

(推し変と言った方がわかりやすいですかね?

AとBも好きだけどC、D、E、グループJの方が熱が上がっています)

 

そんな中、昨年のクリスマスにグループJが生放送をしました。

クリスマスに推したちと(画面越しで)過ごせるのが嬉しくて嬉しくて…。

クリスマスプレゼントを贈りました。

その放送中に飲んでも良いし、放送中はマズかったら放送後に

飲んでくださいってシャンパン」を。

クリスマスならシャンパンだろっていう勢いで贈ったんだけど、

シャンパンって世間的に高いのか?ピンキリだよね?お酒に疎いのでわからない…

 

そして、放送が始まりました。

むむ??何やら私が贈ったぽいシャンパンが机に置かれてる…?

でも遠くてよく見えない。

まぁ別にいいかと思って見てたら、

ななななんと!!

わざわざファンからの贈り物であることをご紹介してくださって、

ありがとうありがとうと皆さんに感謝していただきました。

単純に嬉しかったですね。

オタクちょろいからすぐ浮つくよ??

 

それにしても嬉しかったですねー。 

 軽率に推し愛が高まる(単純) 

 

 

 

悩み

018

どうも、ケチャップです。

 

 

最近、推し事に関して悩み事がある。

ある推しを応援する仲間がいるんだけど、そこでの温度差。

もちろん推し方なんて人それぞれだし、

考えることもそれぞれなのはわかってる。

でも、感じてしまった。

 

推しへの応援する力が強い人が多い。

それは別にいい。

同担拒否でも無いので。

 

ただ、ある時この集団で推しに迷惑をかけてしまった。

「本人にも周りにも迷惑をかけず応援する」という

私の信念に背いたことをやらかした。

というか、私は止められなかった。

(普通ならスルー案件なので、そんなに大ごとになるとは思わなかった)

 

後悔の念が凄まじかった。

悔やんでも悔やんでも過去には戻れなくて辛い。

起こってしまったことだから、

今後どう改めるのかを考えることしかできない。

推しは、全然気にしていないらしいけど、

周りの人への迷惑を考えたら居た堪れなかった。

 

他の人は思いの外すぐに開き直っていた。

この時点で自分とは「なんか違う」て思った。

普通に推し活をする分にはとても楽しかった。 

でも、そこで人間性が見えてしまった。 

もちろん文字だけなので、

明るく振舞っていただけかもしれない。

でも、私はどうすればいいかわからなくて

何も話すことができなかった。 

 

100%自分と同じ行動をする人なんていないと思うけど

「私には理解できない行動をする人」というイメージが

ついてしまった。

 

正直、今どうしたらいいかわからない。 

Aの舞台初日

017

どうも、ケチャップです。

 

 

前回言ったように推し活を終息させるために奮闘中。そして、今は既に取っていた推しの舞台のチケット消化中だ。

 

先日Aの舞台の初日に足を運んだ。

もちろん遠征である。2月から決まっていた舞台。Aにとって約2年ぶりの舞台だ。

今回の舞台は箱がかなりの小ささで二桁の人数しか入らない。こじんまりした舞台だ。

 

推しの2年ぶりの舞台初日。Aは私が推し活を改めようとしてるとは知らず、特等席を用意してくれた(抽選だからたまたまだけど笑)。最前列のど真ん中。

 

箱が小さいから、キャストの毛穴まで見えるレベルの距離で迫力満点だった。

Aが目の前にいて演じている。私が大好きだったAの演技がこんなに近くで見れてる。しかも何も遮るものがない最前列で。そして、ど真ん中だから私(の位置)を中心にして物語が進んでいく。すごく幸せな空間だったし、良い経験だった。

Aに最初に惹かれたポイントは声だ。その『声』がたくさん直に届くこの空間…すごく心地が良かった。そして、舞台の内容も面白かった。舞台の内容ってあまり理解できないものが多い(難しいのが苦手)けど、これはとても楽しめた。テンポが良くて話の流れがスムーズで、日常会話の延長線上の感じだったから馴染みやすかった。

 

この舞台はもう1度行く予定があるのだか、それが終わったらとりあえず終わり。

 

その先、どうするかは今はわからない。

もしかしたら辞められなくて何かしらのイベントのチケットを取るかもしれない。でも今までのように手当たり次第取ることはしないだろう。茶の間になれますように。

オタクの辞め時って今ですかね

016

どうも、ケチャップです。

 

 

 

 

 

オタクを辞めたい。

 

 

前々から思っていたことだけど、ここ最近強く思うようになった。

遠征費がバカにならないことが引っ掛かていたのはもちろんのこと、先日母の本音を人伝いに聞いたからである。

 

母は私が推し事を熱心にしていることに関して、ほとんど口を挟まない。

「今日はどっち方面行くの?」というくらいのざっくりしか聞かない。

母も趣味(韓ドラ)に没頭しているので、恐らくオタクには寛容なのだろうと思っていた。そして、自分のお金の範囲内で行っていることなので、強く否定もできなかったのかもしれない。

 

父は既に亡くなってるので、母と二人暮らしだ。

 

先日親戚から「あの人(母)は直接言わないと思うけど、もう少し活動を減らしてほしいて言ってたよ。あなたに気を遣って言ってないけど心配してたよ」と言われた。

どうやら母は、私の機嫌を損ねないように気を遣っていたようで、推し事に関して何も言わなかったようだ。

 

私の活動に関して放任していたわけではなく「母に気を遣わせていた」ていうのがとても心に刺さった。

オタクの辞め時なのかもしれないって思った。

 

茶の間のファンになりたい。

とりあえず9月までは色んなチケ取っちゃった後だから、10月から頑張ろう。

茶の間になろう。茶の間に・・・なろう。

それまでは全力で。

 

 

何か他に没頭できることを見つけよう。 見つかるかな。