只今推し事迷走中

推しを推したいだけだけど、結局のところどうしたいのか自分でも不明で矛盾だらけ。

結局はオタク

 019

どうも、ケチャップです。

 

お気づきだとは思いますが、オタク続けています。

オタクは結局どこまでもオタクなんだなと。

 

ただ、活動としては推しAと推しBへはブレーキをかけています。

(現在AとBに関しては茶の間を目指してます)

そしたらあれよあれよと、抑えていた別界隈の推しがニョキニョキ出てきました。

いやむしろ前から推してたけど、推さないように押し込めてたのですが。

 

その界隈では好きな「C、D、E※」もいるし、好きな「グループJ」もいてもうダメ。好きが多すぎて雁字搦めにあっています。

<※C:シャイで可愛い、D:笑顔が素敵、E:頼れる存在>

(推し変と言った方がわかりやすいですかね?

AとBも好きだけどC、D、E、グループJの方が熱が上がっています)

 

そんな中、昨年のクリスマスにグループJが生放送をしました。

クリスマスに推したちと(画面越しで)過ごせるのが嬉しくて嬉しくて…。

クリスマスプレゼントを贈りました。

その放送中に飲んでも良いし、放送中はマズかったら放送後に

飲んでくださいってシャンパン」を。

クリスマスならシャンパンだろっていう勢いで贈ったんだけど、

シャンパンって世間的に高いのか?ピンキリだよね?お酒に疎いのでわからない…

 

そして、放送が始まりました。

むむ??何やら私が贈ったぽいシャンパンが机に置かれてる…?

でも遠くてよく見えない。

まぁ別にいいかと思って見てたら、

ななななんと!!

わざわざファンからの贈り物であることをご紹介してくださって、

ありがとうありがとうと皆さんに感謝していただきました。

単純に嬉しかったですね。

オタクちょろいからすぐ浮つくよ??

 

それにしても嬉しかったですねー。 

 軽率に推し愛が高まる(単純) 

 

 

 

悩み

018

どうも、ケチャップです。

 

 

最近、推し事に関して悩み事がある。

ある推しを応援する仲間がいるんだけど、そこでの温度差。

もちろん推し方なんて人それぞれだし、

考えることもそれぞれなのはわかってる。

でも、感じてしまった。

 

推しへの応援する力が強い人が多い。

それは別にいい。

同担拒否でも無いので。

 

ただ、ある時この集団で推しに迷惑をかけてしまった。

「本人にも周りにも迷惑をかけず応援する」という

私の信念に背いたことをやらかした。

というか、私は止められなかった。

(普通ならスルー案件なので、そんなに大ごとになるとは思わなかった)

 

後悔の念が凄まじかった。

悔やんでも悔やんでも過去には戻れなくて辛い。

起こってしまったことだから、

今後どう改めるのかを考えることしかできない。

推しは、全然気にしていないらしいけど、

周りの人への迷惑を考えたら居た堪れなかった。

 

他の人は思いの外すぐに開き直っていた。

この時点で自分とは「なんか違う」て思った。

普通に推し活をする分にはとても楽しかった。 

でも、そこで人間性が見えてしまった。 

もちろん文字だけなので、

明るく振舞っていただけかもしれない。

でも、私はどうすればいいかわからなくて

何も話すことができなかった。 

 

100%自分と同じ行動をする人なんていないと思うけど

「私には理解できない行動をする人」というイメージが

ついてしまった。

 

正直、今どうしたらいいかわからない。 

Aの舞台初日

017

どうも、ケチャップです。

 

 

前回言ったように推し活を終息させるために奮闘中。そして、今は既に取っていた推しの舞台のチケット消化中だ。

 

先日Aの舞台の初日に足を運んだ。

もちろん遠征である。2月から決まっていた舞台。Aにとって約2年ぶりの舞台だ。

今回の舞台は箱がかなりの小ささで二桁の人数しか入らない。こじんまりした舞台だ。

 

推しの2年ぶりの舞台初日。Aは私が推し活を改めようとしてるとは知らず、特等席を用意してくれた(抽選だからたまたまだけど笑)。最前列のど真ん中。

 

箱が小さいから、キャストの毛穴まで見えるレベルの距離で迫力満点だった。

Aが目の前にいて演じている。私が大好きだったAの演技がこんなに近くで見れてる。しかも何も遮るものがない最前列で。そして、ど真ん中だから私(の位置)を中心にして物語が進んでいく。すごく幸せな空間だったし、良い経験だった。

Aに最初に惹かれたポイントは声だ。その『声』がたくさん直に届くこの空間…すごく心地が良かった。そして、舞台の内容も面白かった。舞台の内容ってあまり理解できないものが多い(難しいのが苦手)けど、これはとても楽しめた。テンポが良くて話の流れがスムーズで、日常会話の延長線上の感じだったから馴染みやすかった。

 

この舞台はもう1度行く予定があるのだか、それが終わったらとりあえず終わり。

 

その先、どうするかは今はわからない。

もしかしたら辞められなくて何かしらのイベントのチケットを取るかもしれない。でも今までのように手当たり次第取ることはしないだろう。茶の間になれますように。

オタクの辞め時って今ですかね

016

どうも、ケチャップです。

 

 

 

 

 

オタクを辞めたい。

 

 

前々から思っていたことだけど、ここ最近強く思うようになった。

遠征費がバカにならないことが引っ掛かていたのはもちろんのこと、先日母の本音を人伝いに聞いたからである。

 

母は私が推し事を熱心にしていることに関して、ほとんど口を挟まない。

「今日はどっち方面行くの?」というくらいのざっくりしか聞かない。

母も趣味(韓ドラ)に没頭しているので、恐らくオタクには寛容なのだろうと思っていた。そして、自分のお金の範囲内で行っていることなので、強く否定もできなかったのかもしれない。

 

父は既に亡くなってるので、母と二人暮らしだ。

 

先日親戚から「あの人(母)は直接言わないと思うけど、もう少し活動を減らしてほしいて言ってたよ。あなたに気を遣って言ってないけど心配してたよ」と言われた。

どうやら母は、私の機嫌を損ねないように気を遣っていたようで、推し事に関して何も言わなかったようだ。

 

私の活動に関して放任していたわけではなく「母に気を遣わせていた」ていうのがとても心に刺さった。

オタクの辞め時なのかもしれないって思った。

 

茶の間のファンになりたい。

とりあえず9月までは色んなチケ取っちゃった後だから、10月から頑張ろう。

茶の間になろう。茶の間に・・・なろう。

それまでは全力で。

 

 

何か他に没頭できることを見つけよう。 見つかるかな。

エキストラの話。

015

どうも、ケチャップです。

 

 

 

今までエキストラとして2作品関わった。1つは推しAの作品(①)。もう1つは好きなシリーズの作品(②)。←もしかしたら推し来るかな?な作品だった

どちらも映画。私がその作品を選んだ理由は、推しの撮影現場を見てみたかったから。(滅多に見れないことだし)

 

 

エキストラに参加して思ったことがある。

 

①は、Aの他に若手俳優が集まる現場だった。そのため、エキストラに来る人はほぼ出演者のファン。②は、出演者よりもシリーズ自体のファンが多かった。

どちらが円滑に撮影が進むだろうか…。

 

 

 

 

私が経験した中では①だった。

①はみんなの推しが現場にいる。推しの撮影風景が生で見れるこの上ない喜びを抱えての撮影。悪目立ちして推しに嫌われたくないから、スタッフの言うことをきちんと聞いて進める姿勢だった。合間に推しが共演者と戯れる姿が見れるなんて最高のご褒美だったのもあり、みんな言われた通りに演技をして、とても円滑だった。

 

しかし②は、その作品に関わりたい興味本位の人が多かった。そんな②の現場は、色んな厄介人がいてドン引いた。

何を思ったのか爪痕を残そうと必死になる人が何人かいた。過去作品の役名を叫んだり、出演者に話しかけたり、音のみを録る時に意味不明な言動を忍ばせようとしたり。エキストラって、目立ってはいけないし…目立たせたいならプロ使うし。いや、そもそも目立ちたいなら、役者(もしくは有料のエキストラ)になれよって話だし、かなり邪魔だった。いらんことする奴つまみ出してほしかった。私が参加したのは何百人もいるエキストラの現場だったから、そんな数人のことなんて放置が多かった(もしくはスタッフが気づかなかった)んだけど、気づいた人にとっては不快極まりない行為だった。たまに撮り直しもあったのは事実。撮影の邪魔しに来てる時点でファンでは無い。

 

エキストラは待つ時間がほとんどだし、長丁場になることが多いから、少しでも円滑に進める協力が必要なのに(ましてや大人数の時なら尚更)、それを乱す行為…鬱陶しさしかない。どうせ声を張り上げて目立ったとしてもそこはカットだろ。だって、関係ない言葉だし。じゃあ、何でそういう絶対使われないであろう言葉を叫ぶのか謎。俺言ってやったぜ!的なノリなんなの?ノリが中学生かよ。現場で目立って、その場のエキストラのリーダーになったつもりとか?え、それなら怖すぎる。どういう思考なのかわからなさすぎて怖い。公開後、この時こう叫んでたんだ!ていう意味不明な自慢をしたいとか?いずれにせよ理解ができない。

 

あと、現場でシリーズに対して無駄に知識をひけらかす奴、一旦黙ってくれんか。いや良いんだよ別に休憩時間の中なら。でもスタッフさんが説明している時にくらい黙ってくれんか。

驚くほど我が強い人が多くて、本気でドン引きした。

周りに白い目で見られてることに気づいてくれ。

 

 

 

 

ちなみに②の作品にやはり推しが出てた。

推しがわからない

014

どうも、ケチャップです。

 

先日Aのファンクラブができた。以前からあったにはあったが、メルマガが主でほとんど稼働していなかった。それが有料になり、めでたくコンテンツが充実しそうだ(多分)。

 

推しAは閉鎖的空間を好む。有料FCになったことで色んな姿を見せていくのではないかと期待している。

Aは自分と同じ時間を共有した人(会場に足を運んだファン等)とのみ共感を得ることを求めているんだろうなと思うことが何回かあった。つまり、イベントのレポを嫌う傾向にある。レポ書かないでねSNSちゃんと見てるからねって念押しされたりする。

Aは本当にエゴサしてチェックしてるのを知ってるから、そう言われたら書けない。確かにその場で話した内容を共有できるのは、お金を払って足を運んだ人の特権であるのは間違いない。ただどうしても参加できなかった人や、参加したけど忘れてしまった人にとってはレポというのはありがたいのも事実。でもAの言いたいこともとてもよくわかるから全力で否定できない。

 

そして、Aは自分の発した言葉の伝わり方をとても気にする。

Aが伝えたかったことと矛盾があるまま広がることに違和感を感じていることがあるようだ。文字起こしされると尚更伝わり方が様々で、同じことを聞いたのに人によって書き方が異なる。その点は確かにある。そして又聞きほど適当で怖いものはない。(伝言ゲームでも正しく伝わらないからゲームとして遊ぶわけだし。)ただ、それも見越しての「言葉」として発しなければどんどん苦しくなるのではないかと。Aの想いを100%汲み取ることなんてできない。違う人間だし、違う思考回路だから。しょうがないってわりきってほしいものだ。

 

 

Aは時々「売れたい」と口にする。Aの言う「売れたい」がどの程度のことかわからないが、現状切れることなく仕事はしている(ように見える)。だから「誰もが名前を聞いてわかる」くらい売れたいのであろうか。飽和状態の若手俳優の中で「売れる」には、何かの起爆剤が必要であり運も必要だと思う。

 

最近のドラマや映画、舞台…どれもSNSで話題になってグングン視聴率等が上がっていくことがある。映画でも、SNSによる宣伝効果を見越して舞台挨拶の撮影許可をすることが多くなってきた。このご時世、ファンにSNSに書きこむことを禁じているAは売れるきっかけを自ら潰しているのではないか、とも思ってしまう。

AがSNSに書き込むことを嫌がることを知っているのはAの「ファン」だ。Aのファン以外はそんなこと知るはずもない。Aのことをよく知ってるのはファンである私たちであるのに良さを発することができない。ましてやイベントの楽しさを発信できない。もちろんそんなこと気にせず書きたければ書けば良いんだけど、「推しが望んでいること」であることが頭によぎるので非常に書き辛く躊躇してしまう。推しに嫌われたくはないからね。

  

SNSを封じたとして、Aは何をきっかけとして売れようとしているのだろうか。Aの演技は上手い。でも、演技が上手い人なんて今やいくらでもいる。良い作品、良い役柄、良い脚本、良い演出に出会えることが一番良いのだろうけど、そういう人との繋がりもどこから繋がるかわからない。本当かは知らないが、SNSのフォロワー数とか内容とか見てキャスティングすることもあるとは聞くし。

 

私自身最近、Aの名前を入れてツイートすることを避けるようになった。名前を入れずに感想を述べたりしている。思ったことを溜め込まないように発しているのだが、特にAのためには役立っていないし届いてもいない。だって、誰のこと言ってるのかなんて他の人にはわからないから。壁打ちになった。

 

Aに関してのツイートは世間的にも格段に減った。みんな引っ掛からないように呟いているのだろう。(だってAエゴサしてるから)Aに対してのリプライも減った。Aの閉鎖的な考えは、今後自分の活動を狭めていくのではないかと危惧している。Aがいやならしょうがないんだけど、勿体ない気がするんだけどな。本当に勿体ない。

 

ただ、そんなことひっくるめてAが好きなんだけどね。

Aのイベントと舞台がかぶった

013どうも、ケチャップです。

 

 

先日、推しAのイベントと別イベント(舞台)がかぶった。

この日は舞台に行くために結構前からチケットを取って準備していた。

地方の舞台だったので、新幹線のチケットも取ってワクワクしていた。

それが、舞台の5日前くらいの日に、Aがあるイベントに出ますというアナウンス。

しかも舞台と同じ地方で。

 

新幹線のチケットはある。

どちらに行くか急に選択を迫られた。

舞台には推しは出ない。

舞台は見てみたかった作品なので、1回しかチケットがない。

これを逃すと見れない。

Aのイベントは無料。

当日まで悩んだ。

 

結局、Aのイベントに向かった。

Aを目の当たりにしたときに「こっちに来てよかった」と思った。

Aのトークはいつも感心するし、軽快だし、聞きやすい。

口下手な私からしたら尊敬レベル。

 

雨で寒かったけど、予定になかったハイタッチもしてくれて嬉しかった。

次にAに会えるのは6月かな~。